事実

出典元:www.hoteresonline.com/articles/1048

しかし!

しかし!

出典元:www.hoteresonline.com/articles/10489より一部改変

令和元年に行われた世論調査によると、プラスチックごみによる海の汚染などのプラスチックごみ問題に「関心がある」とする人の割合が89.0%(「非常に関心がある」33.5%+「ある程度関心がある」55.5%)を占めました。また、高齢者ほど関心が高い傾向にあります。
(参照リンク:内閣府世論調査「環境に関する世論調査」お客様の年齢を問わず「環境対策への姿勢」は企業イメージに直結するものと思われます。

事実!

 

しかも

一方!

 

つまり!

そこで!

しかも!

 

さらに!

そして!


お申し込みはこちら
 
製品タイプ 平型 (個包装)
種類 天然 燻し
本体サイズ 180mm 
箱のサイズ H200×W22×D14mm 
重量 約10g(箱含む) 
柄の材質 天然竹 
毛の材質 ナイロン610 
毛の硬さ ふつう
カートン入数 800本
 
製品タイプ 丸型 (個包装)
種類
本体サイズ 175mm 
箱のサイズ H179×W22×D14mm 
重量 約13g(箱含む) 
柄の材質 天然竹 
毛の材質 ナイロン610 
毛の硬さ ふつう
カートン入数 1,200本
製品タイプ 丸型 (個包装)
種類 S M L
本体サイズ 145mm  175mm 190mm
箱のサイズ H149×W22×D12mm  H179×W22×D14mm H200×W22×D14mm
重量 約10g(箱含む)  約13g(箱含む) 約17g(箱含む)
柄の材質 天然竹 
毛の材質 ナイロン610 
毛の硬さ ふつう
カートン入数 1,400本 1,200本 800本
製品タイプ 丸型 (個包装)
種類 S
本体サイズ 145mm 
箱のサイズ H149×W22×D12mm 
重量 約10g(箱含む) 
柄の材質 天然竹 
毛の材質 ナイロン610 
毛の硬さ ふつう
カートン入数 1,400本
製品タイプ 丸型 (個包装)
種類 M
本体サイズ 175mm 
箱のサイズ H179×W22×D14mm 
重量 約13g(箱含む) 
柄の材質 天然竹 
毛の材質 ナイロン610 
毛の硬さ ふつう
カートン入数 1,200本
製品タイプ 丸型 (個包装)
種類 L
本体サイズ 190mm 
箱のサイズ H200×W22×D14mm 
重量 約17g(箱含む) 
柄の材質 天然竹 
毛の材質 ナイロン610 
毛の硬さ ふつう
カートン入数 800本
 
製品名称 竹櫛
本体サイズ 135mm 
箱のサイズ H142×W35×D8mm 
重量 約12g(箱含む) 
柄の材質 天然竹 
カートン入数 1,000本
 

東京白金にて、株式会社アステップ(旧白金タオル)創業
ちょうど、東京五輪が開催された時代に、日本人のおもてなし文化の象徴として、飲食店へのおしぼりレンタルを生業としてスタート。日本のおもてなしを理念に一貫して約60年、飲食店舗の成長と共に歩んで参りました。時流時代と共に自社製品開発や貿易から販売と取扱い品目も少しづつ広がり、現在に至ります。

 

おしぼりに続き、取り組んだのは竹箸。
当時は森林の環境保護が謳われていた時代であったため、木の代替素材として割り箸業界の目に止まったのが「竹」でした。竹は木よりも成長のサイクルが早いため、定期的に伐採する素材としては優秀でした。そして何よりかつて日本では日常道具が竹製だった時代が有り、日本人には馴染みの深い素材でした。

 
 
 
 
新門前通り祇園白川の傍らにひっそりと佇む、ラグジュアリーブティックホテルThe SHINMONZEN。
伝統的な日本の旅館にインスピレーションを受け、世界でもっとも有名な現代建築家の一人である安藤忠雄氏をはじめ、コスモポリタンなインテリアデザインで知られるレミ・テシエ氏やアーティスト仲間によって現代の旅行客のために設計・デザインされた。日本のおもてなし文化の象徴として、竹で出来た歯ブラシを採用。

【支配人からのコメント】
「客室には、大人用歯ブラシ(丸型M)だけでなく、子供用歯ブラシ(丸型S)も設置しています。
これは、例えば、お孫さんのいる宿泊客の方がプレゼントとしてお持ち帰り頂けるよう配慮しています。単にアメニティとしての機能だけでなく、当ホテルでの体験や思い出を、ご旅行後もお持ち帰り頂きたいとの思いから、子供用歯ブラシの採用にも至りました。この竹歯ブラシは、当ホテルのアメニティだけでなく、ノベルティとしての機能も果たしてくれています。」

週刊ホテルレストラン2021年12/3号の「SDGs注目企業」コーナーにて、発行元である、株式会社オータパブリケイションズ代表取締役太田 進社長と、当社代表取締役の西内の対談記事を掲載頂きました。
ホテル業界が直面する、2022年4月のプラスチック資源循環促進法の施行に向け、当社が取り組んできた脱プラや竹製アメニティシリーズへのメーカーとしての取り組み、未来への想いを当社代表でありBAMBOONE開発者の西内毅が語っております。
太田 進社長からは、「この竹歯ブラシは、世界中のラグジュアリーホテルに誇る、日本の宝」として、絶賛を頂きました。

日本の文化、知識の吸収と、日本語学習を提供する、1986年創刊、100ヶ国以上の人に読まれている日英バイリンガルマガジン「HIRAGANA TIMES」にて日本企業が開発した製品を紹介する「Japan Products」コーナーにてご紹介頂きました。

ANAが誇る伝統のグループ機内誌「翼の王国」にて、「日本在住外国人有識者が選んだおもてなし逸品8選」の特集コーナーにて取り上げて頂きました。
日本のおもてなしとしての歯ブラシの在り方と共に、環境に優しい優れた商品として、外国人有識者から高い評価を得ました。

日本経済新聞社が発行する、消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙「日経MJ」にて「業務用新製品コーナー」に取り上げて頂きました。

 

持続可能で、より良い世界を目指すために、国連SDGsを掲げており、その目標の中には、プラスチック問題が含まれています。
令和4年1月に実施されました歯科医師国家試験にも、SDGs関連の設問が出題され、歯科医師の立場でも、健康も含めて環境問題を考えていくことが必須となりました。
 
近年、口の健康が全身の健康に大きく影響することが明らかになっています。その口の健康のためには歯ブラシが欠かせません。
 
しかしながら、今の日本では、歯ブラシのほとんどがプラスチック製です。日本で廃棄処分される歯ブラシは、1年間に約4億本ともいわれており、ホテルにおいても、かなりの量の歯ブラシが廃棄され、その結果として環境に負の影響を与えていると考えられます。
そのプラスチック製に代わるものとして、竹製歯ブラシが開発されています。
我々の研究チームで、使用後の歯ブラシに残留する細菌やウイルスに関する研究を試みてみました。
その結果、水洗・保存後の竹製歯ブラシに残存した細菌量は、プラスチック製と同様に減少する傾向が認められています。口の健康だけでなく、地球にも優しい歯ブラシって素敵ではないでしょうか。

 
お申し込みはこちら

 
地球が悲鳴を上げている今、
世界的に持続可能な世の中に転換する為に叡智を集めています。これは未来への責任であり、利便性や経済性重視に偏った価値観の転換と云えるでしょう。
 
その象徴であるプラスチックは原油という石化原料であり、掘削から輸送・精油・化成品加工とあらゆるプロセスで致命的なCO₂を排出し、家庭で消費されたプラや、事業所ゴミは膨大な車両数の収集車や焼却処理場でも排出されます。
 
また、海洋に放たれたゴミが水産生物資源を介して、生態系の頂点である人類に悪影響を与えています。一方、竹は日本人が古から身近な生活道具として使われていた天然素材でした。

つまり、プラスチック成型品の代替材として最適であることは歴史が証明している事実です。
 
竹には多くの種がありますが、3~4年で成長するモウソウチクは自然の恵みとも云える加工に最適な材料です。
唯一の課題であるカビや虫を発がん性物質が含まれる防カビ剤を使用することなく、弊社の製法特許技術で安心に加工し、日常生活に使用する事が可能となります。
 
私共は更に日本の匠の技や加工技法を資産化する伝承、日本国中の問題である放置竹林の再資源化、専門的な科学者や地域の皆様と協力の上、崇高なミッションとして取り組んで参る所存です。
 

商号 株式会社アステップ
代表者 西内 毅(にしうち つよし)
所在地 〒274-0067 千葉県船橋市大穴南2-6-15
TEL
FAX
TEL 047-464-2815(代)
FAX 047-463-9757
柄の材質 昭和38年(1963年)
資本金 3,500万円